レディー

肌のくすみは解消できる【美肌づくりの秘密を探ろう】

コットンパックの利用

美容液

刺激を与えない工夫

肌に保湿が必要というのは最早誰もが知っている一般知識です。肌の改善のために保湿は欠かせず、刺激から守るためにも保湿は重要です。化粧水は効率的に肌に水分や栄養を与える事が出来ますが、その浸透力や効果を更に高めるためには、『コットンパック』がおすすめです。化粧水をつける時はコットンや手で行っている方が多いと思います。しかし手やコットンでパッティングすると、敏感肌やニキビ肌には刺激となる事があります。肌に余計な刺激を与えず、有効な成分のみを浸透させる事が効率の良い保湿になります。化粧水をコットンにたっぷり湿らせて、数分肌に置いたままで放置しましょう。あまり長くやり過ぎても、乾いたコットンが肌の水分を奪ってしまう可能性もあるため、3分から5分ぐらいを目安にしてください。

清潔に扱う

化粧水に限らず、化粧品を扱う時は清潔な手やコットンを利用するようにしましょう。雑菌があると肌に影響を与え、トラブル肌は更に症状を酷くする事も考えられます。化粧品を扱う前は手を洗い、清潔な状態で肌に触れるようにしてください。また最近の化粧水はボトルタイプだけでなく、ポンプ式で押すだけで出るものもあります。ポンプ式は適量が出てくる仕組みなので、コットンや手のひらを直接出し口につける心配もなく、清潔に利用する事が出来ます。通常のボトルタイプでも、直接容器に触れないように気をつけましょう。化粧水での保湿は、やり方を工夫するだけでも効果を向上させる事が出来ます。コットンパックなど、自分に合った方法を探して試してみる事が必要です。